リアルエッチとオナ電の違いはどこにあるの?

実際にベッドインして性行為をすることと電話エッチであるオナ電には、いろいろと違いがあります。別のプレイと考えたほうがいいでしょう。オナ電募集サイトがメンテナンスで利用できない限り、24時間利用できます。時間帯によってアクセスしている会員も特徴があります。

日中は人妻・主婦が中心。夕方から夜にかけては女子大学生や専門学校生がアクセスしてきます。
夜になると人妻は少なくなりキャリアウーマンやオフィスレディがメインになってきます。求める相手によってアクセスする時間を使い分けるといいです。

実際のエッチは普通の交際からセックスに至りますので時間がかかります。ですがオナ電の場合はオナ電募集サイトに電話するだけ。すぐに電話エッチができるのが魅力です。相手に関しても目に見えないですから自由に脳内変換すればいいのです。シチュエーションも自由自在。リアルエッチでは体験できないことも電話エッチの場合は可能。

オナ電は外出する必要もありません。風俗に行く場合はそれなりの身支度が必要。オナ電は直接快楽を求めることはお触りがないので無理です。しかし、それを上回る刺激があるので、一度試してみてください。

「初心者ですのでレクチャーお願いします」と言っておけば初心者でも楽しめるオナ電

肉体的な充実度ならばリアルエッチがいいでしょう。しかし、メンタルの充実感・満足感は電話エッチであるオナ電が上回るかもしれませんよ。オナ電の場合はお触りがなしになります。恋人同士やご夫婦の場合は、恥ずかしさもあって本当の性癖を隠しているケースが多いです。

オナ電を利用している会員の大部分は自分の性癖をさらけだしたいから……と言います。
オナ電の場合は匿名性/覆面性があります。性癖をカミングアウトしても問題はありません。思い切って自分の性癖を解消することでストレス解消できます。開放感と快楽で体が痺れるほどの感覚を覚える人もいますね。

はじめてオナ電をする場合は不安もあるでしょう。スムーズにできるかどうかも不安です。そんな場合は、相手を限定するコースを選びましょう。プロフィールを参考にしながらベテランさんを指名するといいです。そして「初心者ですのでレクチャーお願いします」と申し出ておけば、相手もそういったシチュエーションを演出してくれます。

経験しないと上手くならないのはオナ電だけではありません。最初は別に良い格好する必要はありません。プライドなんか捨ててください。プレイ時間も30分程度にしておけば長電話も防止できます。

ふたりが距離をおいての擬似セックスができるオナ電をプレイのひとつに入れておくと、何かと便利

急に彼女のセックスしたくなることが若いとありますよね。そんな場合に本当にセックスするとヤバイシチュエーションのこともあります。そんなときにオススメしたいのが電話エッチですね。いわゆるオナ電です。例えば、実家暮らしの彼女の家に行ったとしましょう。

お母さんとかお父さんとかご家族がいなくて二人きりならば、セックスすることも可能ですがリスクも高いです。彼女の部屋でセックスした場合は、壁の厚みによっては声が聞こえちゃうこともあります。鉄筋ならば声が案外と響きます。

また突然におやつを持ってきてくれたりします。エッチしていたらお母さんが入ってきた……そんなシチュエーションは最悪です。そんなときには、オナ電がいいです。

オナ電ならば部屋にいるのはひとりです。普通に話をしているだけです。何をしているかバレる可能性も少ないです。直接のセックスと違って、喘ぎの声もそれほど大きくないですね。
直接のおさわりはできませんが、メリットはとても多いです。オナニーとは違ったスリルもあります。

ふたりが距離をおいての擬似セックスができるオナ電をプレイのひとつに入れておくと、何かと便利です。

オナ電ではネットストーカーに注意!

ネットの世界だけでストーキング行為をする人物は「ネットストーカー」として恐れられています。オナ電をする場合も、こういった人物には注意をしましょう。オナ電募集サイトだけでなく、出会い系サイトなどあらゆる場所に出没します。

ちょっとした情報でもネットストーカーには貴重な情報となります。個人情報を特定するためにデータベース化していますからね。FacebookやTwitterを使っている場合は注意してください。アップロードしている写真や記事をネットストーカーは丁寧にチェックする粘着性があります。内容から位置を特定することも簡単にしちゃいますからね。

オナ電でも、相手がやたらと情報を聞いてくるような場合はヤバイでしょう。通話は続けないで早々にストップしましょう。安全性の確保が第1です。もちろん無駄な利用料を払うこともありませんからね。

執拗な相手の場合は、オナ電募集サイトの運営に通報すればいいです。遠慮することはありませんから、相手のIDと内容を告げてください。すぐにアクションを取ってくれるでしょう。できることなら相手との会話を録音できれば、はっきりした証拠になりますね。

オナ電はとりあえずマナー違反しなければ、なんでもあり!

オナ電は癒やし効果もあります。どんな楽しみをするのかは一人ひとり違います。
相互オナニーをしたい人もいます。本当の性行為ではできそうもない妄想を楽しみたい人もいます。
中には癒し効果を求めてカウンセリングなんて目的のケースもあるから驚きですね。

どんなプレイ内容でも、モラルやマナーを心がけておけば、してはいけない行為はありません。どんな風にすればいいのかわからないかもしれません。そんな場合は、基本的なプレイから始めるといいでしょう。

オナ電募集サイトはたくさんネット上でも紹介されています。24時間営業していますし、専用のダイヤルが設定されていますから、勇気を持って試してください。週末の夜などチョーピーク以外ならばパートナーが見つからないとか待たされることはないでしょう。

トークに自信がないならば、相手のプロフィールをみて中級者以上をターゲットにしてアプローチするのをオススメします。そんなことが面倒ならば一発勝負でしょう。フリーコースを選んでぶっつけ本番するのもドキドキして、それなりに楽しめます。案外となんとかなりますよ。

彼女がいてもリアルエッチとオナ電は別物!

彼女がいたって電話エッチのオナ電をする場合もあるんですが、僕がそんなタイプです。交際相手に不満があるのではないのですが、普通じゃない刺激が欲しいのです。それがオナ電の醍醐味で面識がない女性と妄想でオナ電するのが好きなんです。

相手のルックスやスタイルは声の印象から脳内変換できます。自由に設定できちゃいます。僕もオナ電の世界では大金持ちのイケメンサラリーマンになってるんです。そんなシチュエーションを一緒に楽しんでくれる女性はありがたいですね。まさか本当の彼女とそんなことをしたくても「きっしょ!」と言われるだけでしょう。妄想するのは「悪」と考えるのでしょう。

だからこそ、オナ電募集サイトがここまで人気になっているのです。オナ電を使っている人は現実で捌け口を得られないタイプの人たちです。オナ電ですから相手とのお触りはありません。精神的なお触りだけですから知的なプレイなのです。

浮気や不倫と捉える人もいるかもしれません。交際相手がいたり配偶者がいる場合は内緒でオナ電をすることをオススメします。